スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルシウム味は第6の味?

000280.jpg

最近の朝日新聞によると、「カルシウム味」が第6の基本味である可能性もあるとのことです。遺伝的に系統が異なる40種類のマウスにカルシウムを含む溶液を飲ませたところ、多くが飲むのを嫌うなか、がぶ飲みする系統が見つかりました。

米ペンシルベニア州にあるモネル化学感覚センターのチームがカルシウムを味わうための遺伝子をマウスで確かめ、米化学会で発表したものです。
今回のマウスの遺伝子に似たものは人間にもあることから、研究チームは「カルシウム味」が基本味の一つである可能性もあると考えています。

遺伝子を比較した結果、カルシウムを味わうのに使う二つの遺伝子が特定されましたた。人間の舌は、甘み、塩味、酸味、苦み、うまみという五つの基本味を感知します。

カルシウム味は、適切に表現する言葉がなく、『カルシウムっぽい』としかいいようがない」と研究チームのマイケル・トルドフ博士は話しています。
「カルシウム味は苦みに酸味が少し加わったようなものだ」とさらに説明しています。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000050-jij-int

 

スポンサーサイト

骨粗しょう症とは

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってきます。
高齢の方に多い骨折や腰痛の原因となっているのが、近年、ことに注目されている病気、骨粗しょう症です。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになってしまうのです。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)といわれるほど、現在、日本では問題になっている病気です。
骨粗しょう症の場合、骨の組成は正常で問題はないのですが、骨量が減少することで骨がもろくなります。
骨粗しょう症は、脊椎骨(せきついこつ)、いわゆる「背骨」に早く現れます。
進行すると、圧迫骨折(あっぱくこっせつ)(*参照)を起こしやすくなります。
足の付け根や手首、腕の付け根の骨折が多く見られます。
足の付け根の骨折は、高齢者の寝たきりを招くことが多く、注意が必要です。
お年寄りにとって寝たきりは痴呆を招くことにもなりかねません。
*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・骨の上下方向に圧力が加わったときに生じる骨折です。
かかとを強く打ったときに、骨折を起こすことがありますが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折です。
骨粗しょう症の種類 骨粗しょう症には、「閉経後骨粗しょう症」と「老人性骨粗しょう症」があります。
「閉経後骨粗しょう症」・・・骨粗しょう症のなかでもっとも多く見られるタイプです。
閉経後5年から10年で現れます。
「老人性骨粗しょう症」・・・高齢者にみられる骨粗しょう症のタイプです。
特に痩せ型の50歳以上の女性に多くみられます。

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が減少して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気です。
高齢者の骨折は、寝たきりの原因となります。
寝たきりはさらに痴呆の原因ともなるので、高齢に方々にとって骨折は非常に注意すべきものです。
骨粗しょう症は、60歳の女性の半数、70歳の女性の約6割に認められるといい、女性は特に注意が必要です。
女性はもともと男性よりも骨量が少ないうえに、閉経後、ホルモンの変化によって急に骨量が減少するのです。
日本には、現在、500万人以上の骨粗しょう症の患者さんがいらっしゃるといわれます。
心臓病や高血圧、がん、それに肥満、といった、ほかの多くの成人病と同様、骨粗しょう症も若いうちから、食事や運動などの生活習慣を見直し、予防していくことが大切です。
過度なダイエットや運動不足、逆に運動のしすぎ、喫煙、お酒の飲みすぎ、また女性では生理不順を招くような生活は、骨粗しょう症を招きます。
現在、成人病検診では、骨粗しょう症の診断もおこなう場合が多いようです。
40歳を過ぎたら、定期的に骨量の測定を受けるようにしましょう。
骨粗しょう症の診断はどのようにおこなわれるのでしょうか? 骨粗しょう症の診断は、主に次の方法があります: ・X線・・・骨の陰影の濃度や骨梁の形状から判定する方法です。
・CTを用いる方法。
・アイソトープやX線の吸収度で測定する方法。
・超音波を用いる方法。
なかでも特に骨量の正確な把握に有力なのが、「DXA法」と「QCT法」です。
・「DXA法」・・・X線の吸収度から測定する方法。
・「QCT法」・・・CTを用いる方法。

運動

骨粗しょう症の予防や症状の改善には、食生活の見直しと同様に、運動も重要なポイントです。
食べ物から摂取したカルシウムを、骨に蓄え、骨量を増やすには、身体を動かすことが大切なのです。
同じ量のカルシウムを摂取していても、運動をしている人としていない人では、骨密度が異なります。
また、運動は継続することでさらにその効果が高まるといわれます。
しかし、過度の運動はかえって骨量を減らす危険があります。
かといって家のなかに閉じこもりっぱなしではもちろん、良いはずがありませんよね? では、「適度な運動」とはどのようなものをどの程度おこなうことをいうのでしょうか? 運動しなくては!と、思うと、かえって精神的な負担になります。
力まずに、楽しく継続することを大切に考え、無理のない運動計画をたてましょう。
毎日おこなう「健康のための運動」としては、たとえば、ウォーキングや軽いエアロビクス、水泳、ジョギングを30分程度おこなうといいでしょう。
自転車で近所を一回りしてくるのも、気分転換になっていいですよね。
1週間に3回以上、1回30分~1時間くらいおこないたいものです。
ひざが痛い人などは、無理な運動は控えなくてはいけませんが、温水プールを歩くのならば、ひざへの負担を少なく、運動をおこなうことができます。
筋力がつき、ひざの痛みを軽減することもできるでしょう。
運動を継続するには、それを生活の一部に習慣化してしまうことです。
朝、食事の前にご近所を一回りしながら散歩をする! 駅までは車を使わずに歩く! 寝る前にはストレッチ! ・・・ちょっとした「運動」を積み重ねていくといいですね。

骨粗しょう症の人の食事

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が減少し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなってしまう症状です。
高齢者や、特に閉経後の女性に多く見られる病気です。
原因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考えられます。
したがって、治療および予防には、食事のなかでカルシウムを充分に摂取することがあります。
と同時に、カルシウムの吸収や利用効率を高めるためにリンとの摂取比率を考慮することや、ビタミンDを取り入れることが必要です。
骨粗しょう症になると骨折を起こしやすくなります。
高齢者の骨折は、治りにくいというだけでなく、寝たきりや痴呆の誘因となります。
若いうちから予防を含めたケアが必要です。
骨粗しょう症の食事の注意点 1.カルシウムを充分に摂取する。
成人のカルシウム必要摂取量は、通常、600ミリグラムといわれますが、骨粗しょう症の改善と予防には、1日1000ミリグラムを目標にします。
カルシウムを多く含む食品(牛乳や乳製品、小魚や海藻、小松菜や青梗菜などの青菜類)のなかでも、牛乳や乳製品といった、吸収率の高いものを積極的にとるようにします。
2.良質のたんぱく質を適度に摂取する。
1日60~80グラムを目安に摂取します。
たんぱく質は、あまり多すぎてもカルシウムの吸収を悪くしてしまいます。
3.ビタミンDを充分に摂取する。
ビタミンDは、カルシウムの骨への沈着を促進する働きがあります。
4.リンとの比率を考える。
5.食物繊維はほどほどにする。
6.アルコールはほどほどに・・・!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。