スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルシウムの働き

骨粗しょう症の予防と改善のための食生活でまず重要とされるのは、骨や歯を形成するためのそもそもの材料であるカルシウムを充分に摂取し、摂取したカルシウムを骨に蓄積、沈着させるために必要なビタミンDを充分に取り入れることです。
カルシウムは、ミネラル(無機質)のひとつです。
ミネラルは、体内にわずか5パーセント含まれるにすぎません。
しかしビタミンとならび、重要な生理機能を担っています。
しかも体内では合成することができないため、食べ物から取り入れる必要があります。
カルシウムは、99パーセントは、リン酸カルシウム、炭酸カルシウムとして歯や骨の成分として存在します。
残りは血液、筋肉、神経などの組織にイオンやさまざまな塩として含まれています。
血液の凝固作用や心筋(心臓の筋肉)の収縮作用、刺激に対する神経の感受性を鎮静化する作用、さらに酵素作用を活性化する働きもあります。
このように、カルシウムは、骨や歯の形成といった、骨粗しょう症対策の重要な要であるだけでなく、さまざまな身体の機能に関与している重要なミネラルです。
欠乏すると、成長が充分にできなくなります。
骨や歯が弱くなります。
主に、乳製品や緑黄色野菜、煮干や干しえび、および大豆、大豆製品に多く含まれます。
一方、過剰症もあります。
たとえば、カルシウムを過剰に摂取すると、結石の原因になったり、ほかの無機質の吸収を阻害することがあります。
またミルクアルカリ症候群の原因にもなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。